データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLB

アストロズ、新監督として通算1863勝の名将ベイカー氏就任へ 「サイン盗み」で混沌も“再生”図る

2020/01/29 NEW

監督歴22年の70歳、指揮した全4球団を地区優勝導く  一連のサイン盗み問題でA.J.ヒンチ監督を解任したヒューストン・アストロズが、後任の新監督として元ワシントン・ナショナルズ監督のダスティ・ベイカー氏に焦点を当てていることが分かった。米スポーツ専門サイト『ESPN』が28日(日本時間29日)、伝えている。    アストロズは、2017年から2018年にかけて映像解析技術を用いたサイン盗みを行っていたことがMLB(メジャーリーグ)機構の調査により判明し、MLB機構はジェフ・ルーノーGMとヒンチ監督に1年間の出場停止処分を課した。それを受けて球団は両者を即日解任する措置を取っていた。 ... 続きを見る


秋山翔吾加入のレッズに悲運!主砲の正三塁手がプールで肩負傷し手術 回復長期化ならオールスター選手が穴埋め?

2020/01/29 NEW

昨季49本塁打放った打線の要…GM「スプリングトレーニングは制限かかる」  シンシナティ・レッズの正三塁手エウヘニオ・スアレス内野手が、自宅のプールで右肩を痛め、軟骨除去手術を受けたことが分かった。米公式サイト『MLB.com』が28日(日本時間29日)、伝えている。    スアレスはメジャー6年目の昨季159試合に出場し、打率.271、49本塁打、103打点、OPS(出塁率.358+長打率.572).930の活躍で大ブレイク。本塁打数はキャリア最多であるとともに、ナショナル・リーグでも2位に入るものだった。28歳という年齢、三塁手というポジションからもチームを攻守で支え引っ張る存在 ... 続きを見る


ダイヤモンドバックス、走攻守揃う“アスリート”マーテイ獲得 パイレーツとのトレード成立

2020/01/28

昨季は本塁打と打点でキャリア最多!打倒ドジャースへ大きな一手  アリゾナ・ダイヤモンドバックスが、トレードでピッツバーグ・パイレーツのスターリング・マーテイ外野手を獲得した。米公式サイト『MLB.com』が27日(日本時間28日)、伝えている。    31歳のマーテイは2012年にパイレーツでメジャーデビューを果たし、昨季までパイレーツ一筋で過ごしてきた。通算953試合で打率.287、108本塁打、420打点、239盗塁、OPS(出塁率.341+長打率.452).793。昨季は132試合で打率.295、23本塁打、82打点、25盗塁、OPS(出塁率.342+長打率.503).845の ... 続きを見る


レッズが外野陣“補完”!カステヤノスと4年約70億円で契約 秋山翔吾は左翼濃厚でともにレギュラー

2020/01/28

編成責任者も獲得に満足「彼は一貫してエリート」  シンシナティ・レッズが、シカゴ・カブスからフリーエージェント(FA)となっていたニコラス・カステヤノス外野手と4年6400万ドル(約69億8000万円)の契約を結んだことを発表した。米公式サイト『MLB.com』が27日(日本時間28日)、伝えている。    現在27歳のカステヤノスは、2013年にデトロイト・タイガースでメジャーデビューし、昨季途中でトレードによってカブスに移籍。昨季はリーグの異なる2球団で計151試合に出場し、打率.289、27本塁打、73打点、OPS(出塁率.337+長打率.525).863の成績を残している。1 ... 続きを見る


「昔の私ではない」かつての世界一指揮官が現場復帰を熱望

2020/01/27

2004~2011年ホワイトソックス、2012年マーリンズを指揮    2005年にシカゴ・ホワイトソックスをワールドチャンピオンに導いたベネズエラ人監督オジー・ギーエン氏は、再びユニフォームを着ることを渇望しているようだ。25日(日本時間26日)、ベネズエラ紙『リーデル』がギーエン氏のコメントを報じている。    2012年にマイアミ・マーリンズ監督を退任して以来グラウンドから遠ざかっているギーエン氏は「もちろんまたチームを率いたい。ゲームへの思いで溢れている。だが、どこからも話がないんだ。その理由を知りたいくらいだ」と述べる。    歯に衣着せぬ発言で、時にト ... 続きを見る


メッツ・デグロム、3年連続サイヤング賞なるか。 ライバル多数も「受賞はゴールになる」

2020/01/27

最長はランディ・ジョンソン、マダックスの4年  ニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロム投手が、今季のサイ・ヤング賞受賞へ向けての意気込みを語った。地元メディア『New York Post』が26日(日本時間27日)、伝えている。    ナショナル・リーグを代表するエースが、今季も球界を席巻しそうだ。25日(同26日)に行われたメッツのファンフェスタに出席したデグロムは、今季のサイ・ヤング賞に向けての意気込みなどについて語った。    デグロムは「歳を重ねていく中で、僕の夢はメジャーリーグでプレーすることだった。その時、サイ・ヤング賞を2回も獲得するなんて誰も思わなかった ... 続きを見る


コービー・ブライアント氏に追悼の声 MLB選手からコメント多数「嘘だ嘘だ嘘だ、神様やめてくれ」

2020/01/27

事故直前にはMVPベリンジャーに祝福メッセージ  墜落事故で亡くなった元NBA選手のコービー・ブライアント氏に対し、多くのメジャーリーガーから追悼の声が寄せられている。米公式サイト『MLB.com』が26日(日本時間27日)、伝えている。    世界はまた一人、史上最高のスーパースターを失ってしまった。26日(同27日)、NBAロサンゼルス・レイカーズで大活躍を見せ、永久欠番にも指定されていたブライアント氏がヘリコプターの墜落事故で死去。まだ41歳だった。    突然の訃報に対して、MLBでも追悼の声が続々寄せられている。レイカーズと同じくロサンゼルスに拠点を置くドジャース ... 続きを見る


「偽物は掲げたくない」ドジャースは屈辱の称号に興味なし アストロズに怒りも“正々堂々”シーズンへ

2020/01/26

当時のアストロズ投手が謝罪「ルール違反をしていた」  オフに新たにシカゴ・ホワイトソックスと契約を結んだダラス・カイケル投手が、2017年~2018年に当時所属していたヒューストン・アストロズでサイン盗みが行われていたというMLB機構の調査結果を受けて謝罪した。そして、2017年にワールドシリーズで対戦したロサンゼルス・ドジャースの選手たちは一様に「世界一」の称号を受け取らないという意思を表明している。米スポーツ専門サイト『ESPN』が25日(日本時間26日)、伝えた。    アストロズは2017年から2018年にかけて、首脳陣が主導となってビデオ解析の上で「サイン盗み」をしていたこ ... 続きを見る


「来年はビスケルの年」メディアが名遊撃手の殿堂入りに早くも太鼓判

2020/01/26

今年は得票率52.6%で第6位    殿堂入り有資格初年度のデレク・ジーター氏と10年目のラストチャンスだったラリー・ウォーカー氏の両名が選出された今年度の米国野球殿堂投票。まだその余韻が冷めきらぬ中、24日(日本時間25日)、米国メディア『ESPN』のスペイン語圏版『ESPNデポルテス』では、早くも来年度の投票について言及している。    同メディアのホルヘ・モレホン記者は「2021年はオマー・ビスケルの年になるだろう」という記事を寄稿し、来季で殿堂入り挑戦4年目となるベネズエラ人遊撃手の選出に太鼓判を押している。    同記者は、今年得票率70%(75%以上の ... 続きを見る


ロッキーズ、大砲ストーリーと2年30億円で合意へ “全盛期”迎えた男との年俸調停回避

2020/01/25

2021年オフにFA…主砲アレナドと同時流出の可能性も  コロラド・ロッキーズのトレバー・ストーリー内野手が、2年2750万ドル(約30億円)の契約に合意する見込みであることが分かった。米スポーツ専門サイト『ESPN』が24日(日本時間25日)、伝えている。    現在27歳のストーリーは、2016年に27本塁打を放ち鮮烈なデビューを飾ると、その後も本拠地クアーズ・フィールドの地の利を生かしながら長距離砲として活躍した。    2018年には37本塁打、昨季2019年は35本塁打と2年連続で35本塁打以上をマーク。また、デビュー2年間で計15個だった盗塁数が2018年から2 ... 続きを見る


ヤンキース、ハップ残留で今季ローテが確定的に 新加入コールに田中将大…強力先発陣で世界獲りへ

2020/01/25

TJ手術のモンゴメリーはリリーフ起用の見込み  ニューヨーク・ヤンキースはJ.A.ハップ投手をトレードしない方針であることが分かり、今季の先発ローテーションが確定的となった。地元メディア『EMPIRE SPORTS MEDIA』が24日(日本時間25日)、伝えている。    昨季7年ぶりに地区優勝を果たしたヤンキースが、今季はより強力なローテを組むことになりそうだ。同メディアによると、ブライアン・キャッシュマンGMは放出の噂があった先発左腕のハップをトレードせず、先発5番手として考えていると発表。ベテラン左腕の残留がほぼ確実となった。    37歳のハップは18年途中からヤ ... 続きを見る


騒動渦中のアストロズ、新監督候補にOBオースマス氏 昨季はエンゼルスを指揮し同地区球団を熟知

2020/01/25

捕手としてゴールドグラブ賞3度、クレメンス氏ら擁する強力投手陣をリード  ヒューストン・アストロズの新監督候補に、昨季ロサンゼルス・エンゼルス監督を務めたブラッド・オースマス氏の名前が挙がった。米公式サイト『MLB.com』が24日(日本時間25日)、伝えている。    球界を大きく騒がせているサイン盗み疑惑の責任を問われ、ジェフ・ルーノーGMとA.J.ヒンチ監督が解任となったアストロズ。新監督探しに翻弄する中、候補として前エンゼルス監督のオースマス氏の名前が挙がった。    オースマス氏は昨季にエンゼルス監督に就任。19年間監督を務めたマイク・ソーシア氏の後を継いだものの ... 続きを見る


レッドソックス・ペドロイアが故障再発、具合は”深刻”か ここ2年はわずか9試合のみ

2020/01/24

17年にマチャドのスライディングで負傷  ボストン・レッドソックスのダスティン・ペドロイア内野手の左膝故障が再発したことが分かった。米メディア『MASS LIVE』が23日(日本時間24日)、伝えている。    かつて球界を代表する二塁手だったペドロイアだが、ここにきて大きな壁が現れてしまった。同メディアによると、左膝の故障からのリハビリを続けていたペドロイアだが、現在は深刻な再発に悩まされているとのこと。メジャー復帰には暗雲が立ち込めている。    また、レッドソックスのブライアン・オハロランGMはペドロイアがスプリングトレーニング(春季キャンプ)に参加できるかはまだ不透 ... 続きを見る


レッドソックス・ベッツはパドレスへ?トレード案が再燃 総年棒削減に戦力強化…双方にメリット

2020/01/24

以前はドジャースへの放出案も  ボストン・レッドソックスはムーキー・ベッツ外野手のトレードについて、サンディエゴ・パドレスと交渉していることが分かった。米公式サイト『MLB.com』が23日(日本時間24日)、伝えている。    先日のノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)のトレード案に続き、またも大物野手にトレードの噂が立っている。同サイトによると、レッドソックスはパドレスとベッツのトレード交渉を行っているとのこと。18年アメリカン・リーグMVPに輝き、レッドソックスの看板選手であるベッツにパドレス移籍の可能性が浮上した。    ベッツの交換要員として名前が挙がっているの ... 続きを見る


本拠地「グレート・アメリカン」は保険会社の名前? 開幕日は市民の休日に? …秋山翔吾が入団する古豪シンシナティ・レッズはどんなチーム?

2020/01/23

長い歴史を持つ球団  秋山翔吾外野手の入団が決まったシンシナティ・レッズの歴史は古い。球団創設は1881年(明治14年)、「シンシナティ・レッドストッキングス」のチーム名で誕生した。当初はアメリカン・アソシエーションというリーグに所属していたが、1890年にナショナル・リーグに加盟すると、そのときにチーム名も「シンシナティ・レッズ」となり、現在に至っている。    さらに時代を遡ると、シンシナティには1869年から同じチーム名を持つ別の「シンシナティ・レッドストッキングス」が存在しており、この旧レッドストッキングスこそが米国史上最初のプロ野球チームだと言われている。     ... 続きを見る


ブレーブス、FAオズーナを1年19.8億円で獲得 複数年契約の足掛かり?「ドナルドソンと同様」

2020/01/22

ドナルドソン放出で欲しかった長距離打者「チャンスだった」  アトランタ・ブレーブスが、セントルイス・カージナルスからフリーエージェント(FA)となっていたマーセル・オズーナ外野手と1年1800万ドル(約19億8000万円)の契約を結んだと発表した。米公式サイト『MLB.com』が21日(日本時間22日)、伝えている。    ブレーブスが、主砲ジョシュ・ドナルドソン内野手の放出に伴い、長距離砲オズーナの獲得に成功した。現在29歳のオズーナは2013年にマイアミ・マーリンズでメジャーデビューを果たすと、2年目に23本塁打と長打力が開花。2017年にキャリア最多となる37本塁打を放つと、翌 ... 続きを見る


ヤンキースの英雄ジーター、得票率99.7%で殿堂入り「最高の名誉」 “ラストチャンス”ウォーカー氏も

2020/01/22

満票にわずか1票届かずも…ヤンキースへの愛情を改めて語る  米国野球殿堂が2020年の殿堂入り選手を発表し、元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が得票率99.7%、元コロラド・ロッキーズのラリー・ウォーカー氏が76.6%で選出された。米公式サイト『MLB.com』が21日(日本時間22日)、伝えている。    米国野球殿堂の投票はBBWAA(全米野球記者協会)に10年以上所属する記者によって行われ、そのうち75%の票を得た候補者が選出される。2019年には元ヤンキースの守護神でメジャー歴代最多記録となる通算652セーブを挙げたマリアーノ・リベラ氏が史上初めて満票での殿堂入り ... 続きを見る


モリーナが“生涯カージナルス”宣言も現役続行に自信 勝利への意欲いまだ尽きず「リングを獲る」

2020/01/21

現在37歳、メジャー17年目へ「周囲の考えが間違っていることを証明する」  今季が契約最終年となるセントルイス・カージナルスのヤディアー・モリーナ捕手が、カージナルスで現役を終えることを改めて宣言した。米公式サイト『MLB.com』が20日(日本時間21日)、伝えている。    現在37歳のモリーナは、メジャー16年目の昨季は113試合に出場し、打率.270、113安打、10本塁打、57打点をマーク。打撃における衰えはあるものの、DRS(守備防御点:各ポジションの平均と比較し、どれだけ失点を防いだかを示す指標)は+2。失策はわずか1、盗塁阻止は8回記録した。    同サイト ... 続きを見る


放出案が二転三転…ロッキーズ・アレナド残留へ GMが明言も本人は激怒「リスペクトに欠ける」

2020/01/21

看板選手として大活躍も、大型契約直後のトレード話にストレス?  コロラド・ロッキーズがノーラン・アレナド内野手をトレードせず、残留させる方針であることが分かった。地元紙『The Denver Post』が20日(日本時間21日)、伝えている。    同サイトによると、ロッキーズのジェフ・ブライディッチGMはアレナドはスプリングトレーニング(春季キャンプ)時点でチームにいること、トレード交渉は現在行っていないことを発表。低迷するチーム事情から放出説が出ていたが、メジャー屈指の三塁手はチーム残留がほぼ確実になった。    これにより、アレナド獲得を模索していたセントルイス・カー ... 続きを見る


田中将大、2020年オフのFAランク15位「質の高い投手」 ヤンキースは3人がトップ20入り

2020/01/21

今季は7年契約の最終年、デビュー以来7年連続2桁勝利、通算90勝も視野  米公式サイト『MLB.com』が20日(日本時間21日)、2020年シーズンオフにフリーエージェント(FA)となる選手のトップ20を特集し発表。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が15位にランクインした。    1位にボストン・レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手、4位にシンシナティ・レッズのトレバー・バウアー投手、5位にヒューストン・アストロズのジョージ・スプリンガー外野手と錚々たる選手たちがランクインする中、唯一の日本人選手として田中が15位に入った。    田中は2014年に7年1億550 ... 続きを見る


“キング”の新天地はアトランタ! 元マリナーズ・ヘルナンデスがブレーブスとマイナー契約

2020/01/21

通算169勝も…昨季の1勝8敗、防御率6.40はキャリアワースト  アトランタ・ブレーブスが、シアトル・マリナーズから退団となっていたフェリックス・ヘルナンデス投手とマイナー契約を結んだ。米公式サイト『MLB.com』が20日(日本時間21日)、伝えている。    かつてのシアトルの大エースが遂に移籍を経験することになった。同サイトによると、ブレーブスとヘルナンデスはマイナー契約で合意。これまではマリナーズ一筋のヘルナンデスだったが、新天地はナショナル・リーグで、シアトルからも遠く離れた場所に決まった。    今後は春季キャンプへの招待選手としてメジャーを目指すことになる。 ... 続きを見る


「ポストシーズン進出だ」積極補強のホワイトソックス指揮官が躍進に自信

2020/01/21

2008年以来のポストシーズン進出を目指す  昨シーズン、アメリカンリーグ中地区で3位に終わったシカゴ・ホワイトソックスだが、今オフ積極補強を行い、来季の躍進が期待されている。指揮官リック・レンテリーア監督も今季のチームに手ごたえを感じているようだ。18日(日本時間19日)、公式サイト『MLB.com』のスペイン語圏版『ラス・マジョーレス.com』がそのコメントを報じている。    今オフのFA市場でホワイトソックスは一躍主役に躍り出た。2015年のサイ・ヤング賞左腕ダラス・カイケル投手、今オフの目玉の一人だったヤズマニ・グランダル捕手、通算414本塁打の大砲エドウィン・エンカーナシ ... 続きを見る


MLB唯一のカナダ本拠地、移民が多い大都市…山口俊が入団するトロント・ブルージェイズはどんなチーム?

2020/01/20

試合前セレモニーでは2カ国国歌  山口俊投手の入団が決まったトロント・ブルージェイズの本拠地はカナダのオンタリオ州トロントにある。2005年にモントリオール・エキスポズがワシントンDCへ移り、ワシントン・ナショナルズへとチーム名を変えて以来、ブルージェイズは現在までMLBで唯一本拠地を米国外に置く球団であり続けている。試合前のセレモニーでは米国国歌とカナダ国歌の両方が演奏される。    1月15日(日本時間16日)に行われた入団記者会見において、山口は第一声を「ハロー、ボンジュール、こんにちは」と英語、フランス語、日本語の挨拶で始め、続いて「カナダでプレイできることを大変光栄に思いま ... 続きを見る


エンゼルス主砲トラウト、禁止薬物使用の疑いも“潔白”証明 MLBと選手会が声明発表、申し立て却下

2020/01/19

治療目的での使用は許されているが、過去の事例はなし。レッズの右腕バウアーも言及「気にしない」  ロサンゼルス・エンゼルスの主砲マイク・トラウト外野手について、禁止薬物とされている「ヒト成長ホルモン(HGH)」の使用が許可されているという申し立てが行われた。米メディア『CBSスポーツ』が18日(日本時間19日)、伝えている。    トラウトは昨季、打率.291、45本塁打、104打点、OPS(出塁率+長打率)1.083の大活躍で自身3度目となるアメリカン・リーグ最優秀選手賞(MVP)を受賞。9年間の通算でも打率.305、285本塁打、752打点、OPS1.000とMLB屈指のスーパース ... 続きを見る


アストロズ、アルトゥーベがユニ下の電子機器使用を否定「馬鹿げてる」 過去のMVPへの批判にも言及

2020/01/19

興奮しても上半身裸になりたくなかった?ALCSでのサヨナラ弾の直後はユニ脱がず「謙虚さから」  ヒューストン・アストロズの主力選手であるホセ・アルトゥーベ内野手とアレックス・ブレグマン内野手がファンフェスタに参加し、MLB(メジャーリーグ)を巻き込む騒動に発展している「サイン盗み」について言及した。米公式サイト『MLB.com』が18日(日本時間19日)、伝えている。    アストロズは2017年から2018年にかけて「サイン盗み」を行ったことがMLB機構の調査によって判明し、ジェフ・ルーノーGMとA.J.ヒンチ監督が1年間の出場停止処分を受け、直後に球団から解任された。   ... 続きを見る


「本当に寂しい」レッドソックス戦士が解任のコーラ監督へ惜別メッセージ

2020/01/19

コーラ体制の2シーズンで大活躍    一連の「サイン盗み問題」でボストン・レッドソック監督の座を解任されたアレックス・コーラ氏。突然、指揮官を失うことになった同チームのザンダー・ボガーツ内野手は失意の意を表明している。17日(日本時間18日)、公式サイト『MLB.com』のスペイン語圏版『ラス・マジョーレス.com』が報じている。    ボガーツは、今回の騒動を受けて「(問題発生以降)何度か彼と話した。率直に彼が我々の監督でなくなることが悲しい。クラブハウスにおいて彼とトラブルを抱えていた人間はいなかったし、彼を悪く言う人間はいなかった」と振り返り、「我々が成し遂げた全ての ... 続きを見る


MLBサイン盗み騒動の一方で…王者ナショナルズは準備万端 的確な補強で連覇へ!地区では群抜く戦力

2020/01/18

主砲移籍に監督解任、同地区ライバルは苦戦か  今季オフのワシントン・ナショナルズの補強について、米公式サイト『MLB.com』が17日(日本時間18日)、特集記事を発表している。    16日(同17日)にニューヨーク・メッツのカルロス・ベルトラン監督が解任され、ますますサイン盗み疑惑の事件が取り沙汰されているメジャーリーグ。今後もしばらくは話題の中心となるはずだが、一方では、オフシーズン恒例の補強劇からも目が離せない。    昨季悲願の世界一を達成したナショナルズだが、今オフは補強の進展も好調。生え抜き選手であるスティーブン・ストラスバーグ投手と7年2億4500万ドル(約 ... 続きを見る


“史上最強のカナディアン”が永久欠番に ロッキーズがウォーカー氏の「33」を認定、殿堂入り後押しなるか

2020/01/18

実績抜群も…打者天国でのプレーが影響。今年がラストチャンス  コロラド・ロッキーズが、かつて所属したラリー・ウォーカー氏の背番号「33」を永久欠番にすることを発表した。米公式サイト『MLB.com』が17日(日本時間18日)、伝えている。    かつてコロラドで猛打を奮ったカナダ人スラッガーが、新たな名誉を得た。ロッキーズは95年から04年途中までプレーしたウォーカー氏の背番号「33」を永久欠番にすることを発表。球団からは、同時期に活躍したトッド・ヘルトン氏の背番号「17」以来の欠番指定となる。    89年にモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)でデビュ ... 続きを見る


「サイン盗み」厳罰アストロズ、急務の後任監督選びは前途多難? オーナー奮闘も“ヒンチ体制”留任希望

2020/01/18

「監督が今いる選手を管理したくない理由が分からない」  ヒューストン・アストロズのオーナーであるジム・クレイン氏は17日(日本時間18日)、「サイン盗み」で解任したA.J.ヒンチ監督の後任を2月3日(同4日)までに決める予定であることを明かした。米スポーツ専門サイト『ESPN』が伝えている。    アストロズは、2017年から2018年にかけて行われたとされる「サイン盗み」がMLB(メジャーリーグ)機構の調査によって明らかになり、同機構から1年間の出場停止処分を受けたジェフ・ルーノーGMとヒンチ監督を即日解任した。    スプリングトレーニング(春季キャンプ)まで約1カ月、 ... 続きを見る


秋山翔吾争奪戦に敗れたカブス、次なる一手は? “不良債権”エルズベリー獲得の可能性浮上

2020/01/18

年棒20億超も…過去2年間はプレーなし  シカゴ・カブスがニューヨーク・ヤンキースを退団したジャコビー・エルズベリー外野手を獲得する可能性が浮上している。米メディア『New York Post』が17日(日本時間18日)、伝えている。    今オフ、リードオフ候補の獲得が課題だったカブスは、埼玉西武ライオンズからフリーエージェント(FA)となっていた秋山翔吾外野手に注目。交渉の場にはついたものの、秋山はシンシナティ・レッズへ移籍し、複数球団が絡んだ争奪戦に敗北していた。    そのため、リードオフ候補はまだ不在。メジャー定着が期待できる若手有望株がいる訳でもなく、昨季のよう ... 続きを見る


メッツ解任のベルトランは殿堂入りできるのか。母国メディアは擁護の姿勢も

2020/01/18

現役通算2725安打、435本塁打  2017年のヒューストン・アストロズによる一連のサイン盗み問題で、ニューヨーク・メッツのカルロス・ベルトラン新監督は指揮を執ることなく解任された。選手として輝かしいキャリアを誇るベルトラン氏の野球殿堂入りは実現するのか。16日(日本時間17日)、ベルトラン氏の母国プエルトリコの『プリメーラ・オーラ』紙がこの件について報じている。    上述紙はベルトラン氏の解任を受けて「この事態はベルトランが殿堂入りするのを妨げるのかどうか。時間が決めるだろう」という記事を配信。その中で、ピーター・ガモンス記者は「私はベルトランの殿堂入りに一票を投じる」と主張す ... 続きを見る


メッツ、“サイン盗み”関与のベルトラン監督を解任「彼の野球のキャリアの最終章ではないと確信している」

2020/01/17

1試合も指揮することなく  ニューヨーク・メッツは16日(日本時間17日)、カルロス・ベルトラン監督を解任したと発表した。同氏は、昨年11月に就任したばかりだった。    連日、米球界を騒がせているサイン盗み疑惑。この一週間で、サイン盗みに関与していたとされるアストロズのジェフ・ルーノウGMとA.J. ヒンチ監督、レッドソックスのアレックス・コーラ監督が次々と解任された。    一方で、当時の所属選手に対して処分は科されていなかったものの、MLBの調査報告書において唯一選手で名前の挙がったベルトラン氏。メッツの新監督として大きな注目を集めていた同氏だが、試合を指揮することな ... 続きを見る


独自の戦術、経済効率重視、ダブル本拠地案…筒香嘉智が加入するタンパベイ・レイズはどんなチーム?

2020/01/17

ワールドシリーズ初制覇の期待  筒香嘉智外野手が移籍することが決まったタンパベイ・レイズは1998年にMLBの球団数拡張に伴い誕生した。同じ年に誕生したアリゾナ・ダイヤモンドバックスと同様、MLB内では歴史の浅い新興チームの1つである。    球団創設後、最初の10年はチーム成績が低迷を続けたが、チーム名を当初の「デビル・レイズ」から「レイズ」に変更した2008年に初めてプレーオフに進出すると、アメリカン・リーグも制し、ワールドシリーズまで駒を進める快進撃を見せた。その年から5年間は好調が続いたものの、2013年のワイルドカード進出を最後に、プレーオフからは姿を消していた。 &nbs ... 続きを見る


「メッツはベルトランを解任すべき」かつてのチームメイトがサイン盗み問題に言及

2020/01/16

2014年~2016年にかけてヤンキースで共闘    ヒューストン・アストロズのサイン盗み問題で更なる処罰者は現れるのだろうか。ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍したマーク・テシェーラ氏は、かつてのチームメイトであり、今季からニューヨーク・メッツの監督に就任したカルロス・ベルトラン氏の去就についてコメントした。    15日(日本時間16日)、米国メディア『ESPN』の番組『ゲット・アップ』の公式ツイッターは、同番組に出演したテシェーラ氏のインタビューをアップ。同氏は、2017年にアストロズのプレーヤーとして、チームの組織だったサイン盗み行為のキーパーソンの一人と目されてい ... 続きを見る


レッドソックス新監督候補にバリテック氏 野茂氏とは「ノーノー」達成、松坂の女房役としても活躍

2020/01/16

4度のノーヒッター経験、チームのキャプテンも  アレックス・コーラ監督を解雇したボストン・レッドソックスに、新たな監督候補が挙がっている。米公式サイト『MLB.com』が15日(日本時間16日)、伝えている。    MLBにとって、今週は激震の一週間だ。現在はヒューストン・アストロズのサイン盗み疑惑で話題が持ち切りとなり、13日(同14日)にはジェフ・ルーノーGM、A.J.ヒンチ監督が解雇される事態になった。    加えて、元アストロズのベンチコーチで、18年からレッドソックス監督を務めるコーラ氏にもサイン盗みを首謀した疑惑が浮上。MLB機構からの処罰はまだ下されていないが ... 続きを見る


ブルージェイズ入団の山口俊「カナダでプレーできるのは光栄なこと」 挨拶では英語、フランス語も駆使

2020/01/16

最優秀防御率の柳に米代表ロアーク…開幕ローテは激戦必至  読売ジャイアンツからポスティング制度を利用してトロント・ブルージェイズに移籍した山口俊投手が、今季の意気込みなどを語った。米メディア『TSN』が15日(日本時間16日)、伝えている。  ブルージェイズと昨年12月18日(同19日)に契約合意し、メジャー挑戦の夢を叶えた山口。メジャーリーグでは唯一のカナダ在籍球団で1年目のシーズンを迎えようとする中、今季への意気込みを語った。    同メディアによると、山口は入団会見が始まると、「ハロー、ボンジュール、こんにちは、始めまして」と笑顔で挨拶。英語、フランス語、日本語の3 ... 続きを見る


エンゼルスまた先発補強!トレードで通算24勝右腕を獲得 大谷翔平を含めたローテ争いが激化

2020/01/15

スポット先発可能な投手をさらに補強も?  ロサンゼルス・エンゼルスが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとの間でトレードを成立させ、右腕のマット・アンドリーズ投手を獲得した。米公式サイト『MLB.com』が14日(日本時間15日)、伝えている。    エンゼルスがダイヤモンドバックスと間でトレードを成立させた。同サイトによれば、エンゼルスはメジャー未経験ながら昨季に傘下マイナー(2A、3A)で計7勝を挙げた球団若手有望株ランク18位の右腕ジェレミー・ビーズリー投手をダイヤモンドバックスに放出し、ダイヤモンドバックスから通算24勝のアンドリーズを獲得した。    現在30歳のアン ... 続きを見る


強打好守アレナドのカージナルス移籍案が浮上 トレード交渉が加熱、相手は大ブレイク若手右腕か

2020/01/15

ウォン、デヨングにゴールドシュミット…カージナルスは超鉄壁守備陣に?  コロラド・ロッキーズのノーラン・アレナド内野手がセントルイス・カージナルスへトレードされる可能性が高まっている。米メディア『the Score』が14日(日本時間15日)、伝えている。    同サイトによると、ロッキーズが看板選手であるアレナドをカージナルスへ放出する可能性が浮上。昨季開幕前には8年総額2億6000万ドル(約287億円)という大型契約を結んだアレナドだが、低迷するチーム事情などでこれまでにも放出説が出ていた。    昨季のアレナドは155試合で打率.315、41本塁打、118打点の成績。 ... 続きを見る


レッドソックス、コーラ監督を解任「先導は不可能」 アストロズとの2球団でサイン盗みを首謀か

2020/01/15

アストロズは厳罰のGM&監督を解任…レッドソックスはMLBの調査報告を前に決断  ボストン・レッドソックスが、2月のスプリングトレーニング(春季キャンプ)を直前に控え、アレックス・コーラ監督を解任する決断に至った。米公式サイト『MLB.com』が14日(日本時間15日)、伝えている。    コーラ監督が、ヒューストン・アストロズが2017年~2018年シーズンに「サイン盗み」を行っていたとされる調査報告がされた翌日にレッドソックスを去ることになった。    MLB(メジャーリーグ)機構のコミッショナーであるロブ・マンフレッド氏は13日(同14日)、映像解析の技術を ... 続きを見る


FA三塁手ドナルドソンがツインズと合意 4年101億の大型契約、“超重量打線”の仲間入りへ

2020/01/15

33歳以上では史上2番目の高額契約  ミネソタ・ツインズはアトランタ・ブレーブスからフリーエージェント(FA)となっていたジョシュ・ドナルドソン内野手と契約合意した。米公式サイト『MLB.com』が14日(日本時間15日)、伝えている。    ブレーブスとの再契約の可能性も高かったドナルドソンだが、最終的にツインズと4年9200万ドル(約101億1000万円)で契約合意。5年目には球団側にオプションが付いており、39歳までツインズの一員である可能性がある。    また、33歳以上の選手では、1998年にロサンゼルス・ドジャースと7年1億500万ドル(約110億5000万円) ... 続きを見る


サイン盗みでアストロズに厳罰!GMと監督は1年間出場停止 未来失う「ドラフト上位指名権はく奪」も

2020/01/14

当時ベンチコーチだった現レッドソックス監督も今後処分へ  MLB(メジャーリーグ)のコミッショナーであるロブ・マンフレッド氏が、ヒューストン・アストロズが2017年と2018年のシーズンにサイン盗みを行ったとされる疑惑について調査結果を報告。球団のジェフ・ルーノーGMとA.J.ヒンチ監督の1年間の出場停止とするなど厳罰を発表した。米公式サイト『MLB.com』など複数のメディアが13日(日本時間14日)、伝えている。    アストロズは2017年から2019年にかけて3年連続でアメリカン・リーグ西地区を制し、2017年には球団史上初のワールドシリーズ制覇を達成するなど、近年はメジャー ... 続きを見る


ナショナルズ、23歳の若手有望株が交通事故死 母国ドミニカ共和国で自動車と衝突

2020/01/14

球団は声明を発表「組織全体を通じて関わった全ての人に愛されていた」  ワシントン・ナショナルズは、若手有望株として期待されていた23歳の右腕ファウスト・セグーラ投手が母国のドミニカ共和国で交通事故により死亡したと発表した。米公式サイト『MLB.com』など複数のメディアが13日(日本時間14日)、伝えている。    セグーラは2017年にナショナルズと契約し、ドミニカ共和国で行われていた傘下ルーキーリーグのサマーリーグに参加。2年間をルーキーリーグで過ごした。昨季は1Aショートシーズンのオーバーン・ダブルデイズに所属し、リリーフとして自己最多の17試合に登板。マイナー3年間で通算32 ... 続きを見る


プレッシャーなし。偉大な父の存在を力に変えるゲレーロJr.

2020/01/14

昨季デビュー。打率.272,15本塁打,69打点       昨シーズン、メジャーデビューを果たしたブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)。MLB殿堂入りという偉大な父親を持つ2世選手がゆえに常に父との比較がついて回る。12日(日本時間13日)、ドミニカ共和国紙『リスティン・ディアリオ』がそんなゲレーロJrの最新のコメントを報じている。    日本球界でもプレーし、MLB通算434本塁打を放ったレジェンド、アンドリュー・ジョーンズ氏が主催したエキシビションゲーム参加のためパナマを訪問したゲレーロJr。やはりメディアは父ゲレーロ氏についてのコメントを ... 続きを見る


メジャーデビューなるか。ヤンキースのNo.1プロスペクト、20歳右腕に要注目

2020/01/13

昨季はフューチャーズゲームにも選出    新人ながら本塁打王に輝いたピーター・アロンゾ内野手(ニューヨーク・メッツ)ら、昨年も新たなスター候補たちが誕生したMLB。今季はどのような新星が現れるのか。10日(日本時間11日)、公式サイト『MLB.com』のスペイン語版『ラス・マジョーレス.com』は、その一人として、ニューヨーク・ヤンキースのNo.1プロスペクト(若手有望選手)、デイビー・ガルシア投手を挙げて特集している。    ガルシアはドミニカ共和国出身の先発型右腕。2019年シーズンは1Aで開幕を迎えたが、5月には2Aトレントンに昇格。そこで53.2回で87奪三振という ... 続きを見る


ナショナルズの先発右腕シャーザー“屈辱”乗り越え万全 「2度と起きないように」身体づくりを徹底

2020/01/12

昨季は世界一貢献も2度の負傷者リスト入り。2年目以降では最少の登板数  初のチャンピオンリングを手にしたワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザー投手が、今季を万全の状態で迎えられることを明らかにした。米スポーツ専門サイト『ESPN』が11日(日本時間12日)、伝えている。    シャーザーはメジャー12年目の昨季、首と背中の負傷で2度の負傷者リスト(IL)入りを経験。メジャー2年目以降では最少となる27試合の登板に留まり、通算2500奪三振を達成したもののレギュラーシーズン11勝7敗に終わった。    チームはポストシーズンを勝ち進み、シャーザー自身3勝も挙げて迎えた ... 続きを見る


ヤンキース、“チームの顔”ガードナーと1年13.6億円で再契約 「ピンストライプ」でキャリア全うへ

2020/01/12

ヒックスの長期離脱で「開幕センター」内定  ニューヨーク・ヤンキースが、同球団からフリーエージェント(FA)となっていたブレット・ガードナー外野手と1年1250万ドル(約13億6000万円)で再契約を結んだことを正式に発表した。米公式サイト『MLB.com』が11日(日本時間12日)、伝えている。    現在36歳のガードナーは2005年にドラフト3巡目(全体109位)でヤンキースに指名されて以来、同一チーム一筋でプレー。かつては2010年~2011年に2年連続40盗塁以上(2011年は49盗塁でアメリカン・リーグ最多盗塁)をマークし、走力に長けたリードオフマンとして長距離砲が揃うチ ... 続きを見る


ツインズ、傘下ルーキーリーグの監督に三好貴士氏 NPB、MLBを経由しない日本人マイナー監督は史上初【インタビュー】

2020/01/11

 ミネソタ・ツインズは10日(日本時間11日)に公式ホームページを更新し、2020年シーズンにおける傘下マイナーリーグ全チームの監督及びコーチ人事を発表した。その中に名を連ねたのが、ルーキーリーグにあたるガルフ・コースト・リーグ・ツインズ(以下GCLツインズ)の監督に就任した三好貴士氏だ。... 続きを見る


べリンジャーは初年度最高額12.5億円、ベッツは史上最高29.4億円 年俸調停を回避しMLB大物選手が続々契約

2020/01/11

ヤンキース主砲のジャッジは9億3000万円  2019年シーズンのナショナル・リーグ最優秀選手賞(MVP)を獲得したロサンゼルス・ドジャースのコディ・べリンジャー外野手が、年俸調停を回避し1年1150万ドル(約12億5000万円)で契約に合意。年俸調停権を初めて得た選手としては史上最高額の契約となった。米公式サイト『MLB.com』が10日(日本時間11日)、伝えている。    べリンジャーは今季156試合に出場し、打率.305、47本塁打、115打点、121得点、OPS(出塁率.406+長打率.629)1.035とキャリアハイのシーズンを送り、チームの地区7連覇に大きく貢献した。 ... 続きを見る


筒香嘉智に強力ライバル出現 カージナルスとレイズが大型トレード、外野手2人がレイズへ

2020/01/10

レイズのポジション争いは熾烈に  セントルイス・カージナルスとタンパベイ・レイズの間で4選手が絡むトレードが行われた。米公式サイト『MLB.com』が9日(日本時間10日)、伝えている。    カージナルスはドラフト1巡目(全体16位)の若手有望株であるマシュー・リベラトーレ投手、エドガルド・ロドリゲス捕手を獲得。一方のレイズはホゼ・マルティネス外野手、ランディ・アロザレーナ外野手をトレードで獲得した。    また、カージナルスは戦力均衡ラウンドBのドラフト指名権(全体66位)、レイズは戦力均衡ラウンドA(全体38位)のドラフト指名権をそれぞれ獲得している。合計4選手、20 ... 続きを見る


ヤンキース、アイアネッタ獲得 田中将大の女房役ロマインは流出…控え捕手競争勃発か

2020/01/10

正捕手サンチェスは故障が多い?  ニューヨーク・ヤンキースはコロラド・ロッキーズからフリーエージェント(FA)となっていたクリス・アイアネッタ捕手と契約合意した。米公式サイト『MLB.com』が9日(日本時間10日)、伝えている。    ヤンキースとアイアネッタはマイナー契約で合意。正捕手にはゲイリー・サンチェス捕手がいるため、アイアネッタは控え捕手としてのプレーを目指すことになる。    2006年にロッキーズでデビューしたアイアネッタは強打の捕手として活躍。2桁本塁打達成のシーズンは7度あり、パンチ力に優れている。昨季は52試合で打率.222、6本塁打、21打点と不振だ ... 続きを見る





  • 記者募集